斉藤デンタルブログ

なぜ仮歯を入れるのか?

2020年6月15日 (月)

|カテゴリー:

歯科治療においてたびたび仮歯(プロビジョナルレストレーション)というものを用いることがあります。一体何のために入れるのでしょうか?

もしも仮歯を用いないで土台の歯を長期的にむき出しにしてしまう場合を考えてみましょう。以下画像を見てください。次のようなことが起こり得ます。

外界に晒され、新たな虫歯の原因になる

隣の歯が倒れてくる

咬む相手となる反対側の歯が伸びてくる(挺出)

土台の歯そのものも位置が変わってくる

噛み合わせの位置が狂ってくる

などが生じ、最終的な物を入れても状況次第では治療開始前と大きく異なる状況になってしまうこともあります。

一方で仮歯を用いることのメリットは何か。まず、上記のことを概ね防ぐことが出来ます。

また、装着することで

最終的な被せ物(補綴物)がこの形で違和感がないか

歯磨きがしやすいか

舌やほっぺを誤って噛まない形か

食べ物がきちんと噛めるか

そして治療範囲の大きいケースでは失われた噛み合わせの位置(顎位)の再建するための指標としても用いられます。

PMMAと言われる合成樹脂で粉と液を混ぜて作ります。匂いが少しきついです、、、

始めはこんな感じでボソボソです。でも形を整えると、、、

こんな感じで歯茎のラインにピッタリ合ってそれなりにリアルな歯になります。

しかし保険適応の治療では仮歯の適応は特殊なケースを除いて基本的に無く、これまで記述したところは万全でないまま治療を進めなければなりません。

一方、自費診療ではそういった制限は無く、より良質な被せ物を入れるために細かいステップを経て、作製していくことが可能です。しかしながら仮歯の調整をいい加減に行なってしまうと歯茎のラインが合わなかったり、形が悪かったりするとそこにプラークが溜まり、虫歯、歯周病といったトラブルをかえって引き起こすことになります。適切な技術を持って行う必要があります。

そして適切な仮歯が装着されていてもそれがあまりに長期に及ぶと気付かない間に仮歯が破損してしまい、調整の良くない仮歯と同じようなトラブルに見舞われます。仮歯が装着されてからの治療中断は危険を伴うこともありますので注意が必要です。(むき出しのままに比べればはるかに安全ですが)

当院ではそのような被せ物や入れ歯といった補綴学分野における東京医科歯科大学の大学院を専攻するドクターが多数所属し、診療を行なってます。また、歯型の取り方についても細かい工程をかけた方法を用いています。次回はそのお話について。

副院長 斉藤 祐紀


Contact ご予約・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ! TEL 03-3425-5579

ご予約

お問合せ

アクセス・診療時間 access / schedule

斉藤デンタルオフィス
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-14-9
TEL 03-3425-5579

 
09:30 - 12:30
14:30 - 18:30

土曜の午後は〜17:30までの診療となります。
休診日:日曜・木曜・祝祭日

Google Mapを見る