斉藤デンタルブログ

どうして神経を取った歯が痛むのか

2020年8月29日 (土)

|カテゴリー:

歯科において患者様、ドクターの双方に負担の大きい治療のひとつとして根管治療があります。根管治療中はその術前、術中、術後も痛みが出ていることもあり、非常に大変です。そしてよくある質問が「神経を取っているのにどうして痛むのですか?」というものです。歯の痛みに関して診療を担当させていただいている患者様に普段申し上げているお話を少し記していきたいと思います。

 

まず、以下の写真を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは顎の骨に埋まっている歯の断面図です。歯に関しては大きく分けて2種類の痛みがあります。

ひとつは歯髄由来の痛み。

もうひとつ歯周組織由来の痛み。

この二つは同じ痛いでも根本的に感覚が違います。というのが神経組織の構造が異なり、歯髄由来はピリッとする、とか鋭い痛みなどと表現されます。歯周組織由来はどんよりするとか疼くとか鈍い痛みなどと表現される方が多いです。表現はあくまでも個人の感性によるものなのでこれが全体的なことを示すわけではありません。

では、詳しく見ていきましょう。

上画像における緑斜線部が歯髄という通称神経と言われる部分です。厳密には神経組織と顎骨から動静脈が栄養された組織となります。普段でもアイスクリームなどの極端に冷たいものが当たると間接的に歯髄に刺激が伝わり、痛みを感じます。虫歯が出来ると穴が開くことで歯髄への距離が近くなるので、痛みをより感じやすくなり、歯髄にまで及ぶ虫歯になると刺激がダイレクトに伝わり、激痛を伴います。そのような場合には残念ながら神経を抜く(抜髄)、根っこの治療を言われる根管治療の対象になり得ます。

 

お次の画像における黄色斜線部は歯槽骨と言われる歯を支える骨です。そして水色部分は歯根膜という歯と歯槽骨の間に介在するクッションのようなものです。歯茎も含め歯の周りの組織を引っ括めて歯周組織と言います。そこに病態が生じるものが一般的に歯周病と言われるものです。

磨き残しや歯石で炎症が歯肉→歯槽骨、歯根膜へと向かうものが辺縁性歯周炎

根っこの中に細菌感染が生じ、歯根膜、歯槽骨へ炎症が波及したものが根尖性歯周炎

と言います。これらは病態が歯を越えて身体の内部まで進んだ状態であるため、歯科疾患としては重い状態と解釈されます。

いわゆる神経を取ったのに噛むと痛いとか体調が悪いと疼く感じがするというのはこの歯周炎が原因である可能性があります。

この領域になると免疫力とも関わってきて、「体調が良いと調子いいのに、疲れたり不摂生な日々を過ごしてしまった時に疼いてくるなあー」ということもあります。ここでは根尖性歯周炎についてみていきましょう。

上図は虫歯が大きく、根管内も感染し、炎症が歯槽骨まで波及した状態です。この状態では歯髄はすでに機能してなく(失活)痛みは歯周組織から生じます。また一度根っこの治療を行っても、治療に不備があったり、きちんと行われたりしても根管内の細菌をゼロにすることは難しく、ごく少量残ってしまい、それが根尖部で悪さをして炎症を引き起こすこともあります。ここでも根管を介して消毒を行うという意味での根管治療(感染根管処置)の対象となります。そして歯根が破折してしまう場合でも同様なことが生じますがこの場合は抜歯になってしまうケースもしばしばです。

 

ここまで、神経を取ったのにどうして痛みが生じるのかについて長々とお話しさせていただきました。当院では症例に応じてCTを用いて根管の状態を確認し、マイクロスコープで精密なところまで確認して治療を進めております。以前のブログもご参考ください!

また、あまりに難症例と判断され、それでも保存する方法はないかということであれば、保険適用外にはなりますが、東京医科歯科大学で長年根管治療に特化した臨床、研究を続けて開業された根管治療の専門医もご紹介させていただいております。

副院長  斉藤 祐紀


Contact ご予約・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ! TEL 03-3425-5579

ご予約

お問合せ

アクセス・診療時間 access / schedule

斉藤デンタルオフィス
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-14-9
TEL 03-3425-5579

 
09:30 - 12:30
14:30 - 18:30

土曜の午後は〜17:30までの診療となります。
休診日:日曜・木曜・祝祭日

Google Mapを見る