斉藤デンタルブログ

新しいユニットの導入について

2022年7月17日 (日)

|カテゴリー:

6月は20日午後、29日終日の休診日をいただきご不便等お掛けし誠に申し訳ありませんでした。

院内工事を経て新しいユニットを導入を行いました。ユニットとは歯科診療台のことです。院内の1番奥の診療台と同じドイツのKAVO社の診療台を今回導入することになりました。

このユニットはあらゆる面で高性能でありますが、大きいところとしてはヨーロッパで作られたものであるので感染対策の基準が非常に厳しく、また歯を削る、切削器具の精度が非常に高い、ということです。

 

具体的には

 

きれいな水

うがいや削る時などに出る水が消毒済みであること。これはドイツの水道水の衛生度では心もとないためユニットそのもので消毒を行う機能を備えています。一方日本の水道水はかなりの衛生度を誇るためユニットの機能としては重視されませんが、休日を挟むなどでユニットの管に残った水が汚染されそれが衛生面に影響を与えることも示唆されており、水出しの作業が欠かせませんがカボのユニットではそこをオートマチックに行ってくれるので非常に安心して使用できます。

 

痛みを感じにくい

歯科の処置において麻酔を使う処置、使わない処置などがあります。特に比較的ポケットの浅い歯石除去の際は基本的には麻酔を行いませんが知覚過敏などで滲みてしまうことも多々あります。それは歯石除去の刺激そのものが歯髄(神経を含む組織)に伝わってしまう要素もありますが、器具から出る水が冷たいことも一因となっています。後者のおいて、このユニットはぬるめの水を出すことによってその刺激を軽減します。つまり痛みの少ない歯石取りが可能になります。

また麻酔する処置として虫歯を削る際も歯髄に刺激を与えますが、虫歯が歯髄まで到達してなくとも、その刺激が原因で神経の処置いわゆる根管治療が必要になってしまうケースもあります。このようなリスクを下げることはつまり根管治療にならず歯髄を残せる可能性を高めます。

 

快適

高度なテクノロジー

はこのユニットを体感するこそわかりやすいかもしれません。診療を受ける際の寝てる体勢の楽さ、歯を削るときの不快な振動の少なさを感じられるかと思います。

 

以上、新しい設備に関しご説明させていただきました。今後も診療に勤しんで参ります。

 

                  

                   

 


Contact ご予約・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ! TEL 03-3425-5579

ご予約

お問合せ

アクセス・診療時間 access / schedule

斉藤デンタルオフィス
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-14-9
TEL 03-3425-5579

 
09:30 - 12:30
14:00 - 17:00

水曜・土曜の午後は〜16:30までの診療となります。
日曜は不定期の診療になります。
休診日:日曜・木曜・祝祭日

Google Mapを見る