痛みに配慮した治療
painless treatment

痛みに配慮した治療

当院の痛みに最大限配慮した治療

歯医者さんが苦手」「麻酔や治療の痛みが怖い」という方にも、快適・安心して受診していただけるように、患者様の痛みや不安に最大限配慮しています。

当院では、歯科で最も細いとされる超極細の針や表面麻酔などを用いて、治療の痛みやストレスを最小限におさえる様々な取り組みをしております。

治療の痛みを抑える工夫

〜患者様に「全然痛くなかった」と思っていただけるように〜

① 表面麻酔剤

麻酔という処置は注射をして行いますが、その刺入で痛みを伴います。当院ではその前に表面麻酔を塗布して粘膜の表層の感覚を鈍くしてそれから注射を行います。このことで刺入の痛みを軽減できます。

② 極細の針を使用

麻酔時の痛みとして、針の大きさもとても影響します。太い針ほど刺入時の痛みが強く、麻酔薬の注入時も痛みが強くなります。そのため当院では一般的に使用される太さよりもさらに細い針を採用しております。具体的なイメージで考えますと蚊に刺されるのになぜ気づけないか、それは蚊の口もとても細いからです。

③麻酔薬の注入速度

針を刺入した後、麻酔薬を注入していきますが、その流れる量や速さが大きいほど痛みを感じやすくなります。特に従来は手打ちと言われる注射器を手動で注入することが主流でした。手動だとなかなか注入速度が安定せず、痛みを感じやすいところもありましたが、当院では電動の注射器を採用しております。これは安定したスピードで注入を行えるため、痛みを感じにくくなります。



歯医者の怖いお子さまへの工夫

何よりもまずお子様には歯医者嫌いにならないように行うことが一番大切です。治療を行う際は上記のような痛みに配慮した治療を行っていきます。そして治療途中で怖くなって泣いてしまうお子様へは無理に治療を続けません。その日はお話しして次の時頑張れるかを確認して終わることも想定しております。

もし強引に治療を続けてしまうとそのお子様にとって歯科治療が一生のトラウマとなってしまうリスクがありますのでそういった処置は非常に繊細であります。お子様が安心した状態で歯科治療を受けることが出来るようになることで、生涯に渡って歯科治療に対する恐怖心無く通うことが出来ると考えております。

また、子さまの不安を和らげ、通いたくなるような環境が整っています。院内にキッズコーナーを設けており小さなお子様もおくつろぎいただけます。そして診療室はぬいぐるみといったキャラクターなどの小物を多数配置して画面にはアニメを放送し、少しでも診療のプレッシャーを軽減していただければと思います。

最善の無痛対策は虫歯予防

非常に根本的なところとなりますが、痛みを感じずに過ごすためには虫歯予防に努めることが最も重要です。歯科に関して、虫歯以外での原因の痛みも確かに多数ありますが、主原因は虫歯となります。

予防や虫歯が痛むプロセスに関しての細かい話は虫歯のページをご参照いただければと思います。

Contact ご予約・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ! TEL 03-3425-5579

ご予約

お問合せ

アクセス・診療時間 access / schedule

斉藤デンタルオフィス
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-14-9
TEL 03-3425-5579

 
09:30 - 12:30
14:00 - 17:00

水曜・土曜の午後は〜16:30までの診療となります。
日曜は不定期の診療になります。
休診日:日曜・木曜・祝祭日

Google Mapを見る