予防歯科・歯周病

歯医者でプロによる歯のお掃除を

毎日虫歯・歯周病予防に欠かせない歯磨き――。寝る前にしっかりしておけば、歯の汚れが完全に取れると思われている方は多いのではないのでしょうか。しかし、実際には歯磨きだけで完全に歯垢を取ることは難しいのです。歯垢を取らないと、歯石の原因となり、細菌環境も悪くなります。そうならないためには、定期的に歯医者で専用の器械を使って汚れを取る必要があります。

斉藤デンタルオフィスでは、歯科衛生士が歯を隅々まで磨くPMTCを実施しています。しっかりと汚れを目で確認しながら除去し、歯石も取り除きます。普段磨き残しが多い方は、ブラッシング指導も併せて受けていただくことをお勧めします。

歯の健康をサポートする定期検診

定期検診と訊くと、「面倒だ」とか「お金がかかる」と思われる方はいらっしゃるかもしれません。しかし、定期検診はとても大事なものです。お口の健康を保つ上で大切なのは毎日のケアと定期検診だと言っても過言ではありません。面倒だと思われて、歯医者に行かずにいると、知らず知らずのうちに虫歯や歯周病が進行していることはよくあります。

また、歯の健康を保つことで、生涯で歯科治療にかかるお金を節約することが出来ます。歯の神経を抜く治療や銀歯、入れ歯、インプラントなどの治療を節約するには適切なケアと定期検診しかありません。当院では、3か月程度に一度、定期検診にお越しいただくことをお勧めしています。

正しい歯磨き、出来ていますか?

皆さんは正しい歯磨きが出来ている自信はありますか?歯磨きは歯ブラシの当て方や動かし方、磨くのにかける時間などにコツがあり、実は適切にできていない方は多いのです。磨き方だけでなく、鏡を見ながらすることも適切な歯磨きには欠かせません。

斉藤デンタルオフィスでは、汚れをしっかり落とす正しいブラッシング方法を学ぶことができます。歯科治療が終わり、メインテナンス期間に入る前の方や歯の汚れがたまりがちな方はぜひ、ブラッシング指導をご利用ください。

歯周病って何?

歯周病は歯周病原細菌が歯周組織を破壊していく病気です。歯の汚れをしっかりと落としていないと、歯石が溜まり、歯肉が腫れ、口臭などが発生します。一見きれいに見えても歯磨きのときに歯肉に血が滲む場合は既に歯肉炎にかかっている可能性があります。歯周病は痛みなく進行していくため、早めに治療することが大切です。治療が遅れると、抜歯になるケースが多いのも、歯周病の厄介なところです。

歯周病菌の悪さはお口の中だけにとどまらない

皆さんは正しい歯磨きが出来ている自信はありますか?歯磨きは歯ブラシの当て方や動かし方、磨くのにかける時間などにコツがあり、実は適切にできていない方は多いのです。磨き方だけでなく、鏡を見ながらすることも適切な歯磨きには欠かせません。

斉藤デンタルオフィスでは、汚れをしっかり落とす正しいブラッシング方法を学ぶことができます。歯科治療が終わり、メインテナンス期間に入る前の方や歯の汚れがたまりがちな方はぜひ、ブラッシング指導をご利用ください。

歯周病の進行方法

歯周病の経過

歯肉炎

歯の汚れが溜まると歯垢が石灰化し、歯石になります。そこに歯垢や汚れが溜まりやすくなるため、歯周病原細菌の温床となり、歯肉が炎症を起こします。

軽度歯周炎

炎症によって歯肉が腫れ、歯と歯肉の間に歯周ポケットができます。歯磨きの際に出血しやすい状態です。

中等度歯周炎

炎症が歯肉だけでなく歯槽骨にまで及んでいる状態です。この段階で初めて痛みを自覚し始めます。歯肉を押すと膿が出てくることもあります。

重度歯周炎

炎症によって歯槽骨が吸収してしまい、わずかしか支える骨が残っていない状態です。痛くて噛めないため、抜歯をするケースが多くなります。

歯周病の治療方法

歯周病は基本的に病変部分を取り除き、歯石を除去し、歯垢を溜めないようにするプラークコントロールによって改善します。細菌が一杯の口腔環境を清潔にすることで、治るということです。具体的にはスケーリングによる歯石除去を行います。歯周ポケットにまで入り込んでいる場合はルートプレーニングによって、奥まできれいにします。長い年月がかかって進行するのが歯周病ですので、改善にも時間を要することがありますが、口腔内を清潔にしていれば、確実に改善していきます。重度の場合は外科的治療も行います。

歯周外科治療

ルートプレーニングでも取り除けないほど歯周病が進行している場合は、麻酔をした上で歯肉を切開し、歯石や病変部分を除去するフラップ手術を行います。しっかりと目で見ながら汚れを除去できるというメリットがあります。取り残してしまうと改善しきれないため、確実に病変部を除去し、縫合します。

フラップ手術の後は、歯肉が下がることがあります。その場合は歯と歯の隙間ができますので、日ごろの歯磨き後にフロスや歯間ブラシを使うといいでしょう。メンテナンスの際に使い方をお伝えします。

新しい歯周病治療の選択肢、歯周内科

歯周病の治療といえば、歯石除去とプラークコントロール、フラップ手術など、外科的な治療が代表的です。しかし、侵襲が大きいことや歯肉の後退などのデメリットもあります。
そこで、近年は新しい歯周病治療である歯周内科治療が注目されています。

歯周病が細菌環境に左右されることに着目したこの治療法は、細菌を抗生物質によって殺し、歯周病の症状を軽減させるというものです。症状が和らいだところで、仕上げとして従来の方法を行います。歯肉への負担がより少ない治療が特徴です。

Contact ご予約・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ! TEL 03-3425-5579

ご予約

お問合せ

アクセス・診療時間 access / schedule

斉藤デンタルオフィス
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-14-9
TEL 03-3425-5579

 
09:30 - 12:30
14:30 - 18:30

土曜の午後は〜17:30までの診療となります。
休診日:日曜・木曜・祝祭日

Google Mapを見る