ブリッジ・義歯・インプラント

見た目の違和感が少ない治療法、ブリッジ

ブリッジは両隣の歯と連結した人工歯です。隣の歯に歯冠を被せることで支えとします。部分入れ歯よりも自然な見た目が得られます。取り外しが出来ないため、毎晩外したり、掃除をしたりする必要がありません。

ブリッジを装着するには、両隣の歯に歯冠を被せる必要があるため、健康な歯を削ることになります。咬合が強かったり、噛み合わせが強かったりした場合は保険適用のものもあり、安価で治療が可能です。

義歯の種類

保険適用の入れ歯

プラスチック製の入れ歯です。保険が適用されるため、安価で治療が可能です。歯を失ったときに、まず最初の治療の選択肢となるでしょう。プラスチック製ですので、他の自費診療の入れ歯よりも厚みがあり、汚れも付きやすいという短所があります。

金属床

金属床は床の部分が金属でできた入れ歯です。自費診療となりますが、熱伝導率が高く、飲食物の温度がお口に伝わることで、食事が楽しめます。薄くて装着時の違和感が少ないのも特徴です。金属床にはゴールドやチタンといった種類があります。

ノンクラスプデンチャー

金具や床のない部分入れ歯です。歯肉を覆うようにして装着します。シリコン樹脂製ですので、軽くて落としても壊れにくいのが特徴です。色合いも歯肉の色が透けるように出来ていますので、装着したときに入れ歯と気付かれにくくなっています。

自然な噛み心地を実現するインプラント

歯を失ったときに治療の選択肢となるのは、ブリッジ・入れ歯・インプラントです。それぞれ違いがありますが、大きな特徴は歯肉の上に被せる方法、歯に装着する方法、歯肉に埋め込む方法といった点です。インプラント治療は、人工歯根を歯肉に埋め込むため、歯肉の上に人工歯が浮いた状態の他の治療法とは異なります。埋め込んだ人工歯根を介して、食べ物を噛むときに顎に直接硬さが伝わるため、自然な感覚で食事ができます。

毎晩の手入れや脱着の必要もないことや見た目の良さもインプラントの長所です。天然歯と同じようにしっかりとケアをし続けることで、長い間インプラントを保つことが出来ます。

ストローマンインプラントを採用

ストローマンはスイスのメーカーによるインプラントシステムです。全世界で500万人以上の方がストローマンインプラントによる治療を受けていて、予後の安定性も多くの研究により報告されています。グローバル企業ですので、世界中の研究者によって研究がなされ、製品の開発に反映されています。

インプラントは比較的新しい治療方法ですので、長い間装着したときに人工歯根がどのようになっていくのかは前例が多いほうが精確な情報となります。多くの治療実績があるストローマンはその点で安心です。

インプラントの治療方法

歯を1本だけ失った場合

失われた一本の歯根の代用品としてインプラントを一本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法であり、審美的にも満足のいく結果が得られます。顎骨の萎縮の心配もなく、本来の骨量を維持できます。

数本の歯を失った場合

この場合もインプラントが理想的な解決法となります。数本のインプラントを歯の無い部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。

歯のない部分が広い場合

臼歯が失われた場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で咬合機能を回復させてきました。これに対し、インプラントなら天然歯と同様の感覚の固定式人工歯を入れることができます。

歯が全くない場合

下顎の歯が1本も無い場合の修復にはインプラントがよく利用されます。インプラントのヘッド部をバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定することができます。

インプラントを維持するカギとなるメンテナンス

インプラントは装着したら終わりだと思われてはいませんか?確かにインプラントは人工物ですので、虫歯の心配はありません。しかし、挿入しているのは歯肉、顎骨ですので、汚れの付着は避けなければなりません。そのため、インプラント治療が終わったら、メンテナンスをすることが非常に大切になります。毎日のケアのほか、定期的に当院にお越しいただくことでインプラントを長く保つことが出来ます。

インプラント周囲炎がインプラントの大敵

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病には弱いという弱点があります。治療の前にも歯周病がある歯はまず治療してから手術を行います。なぜ歯周病に弱いかというと、歯周病原細菌が人工歯根の周囲の組織に炎症を起こすことがあるためです。これをインプラント周囲炎と言います。

人工歯根は骨との癒着はあるものの、天然歯とは違い、歯根膜のような歯周組織とは繋がってはいません。そのため周囲の組織が炎症を起こすと脱落しやすくなるのです。これを防ぐには毎日のケアを欠かさないことと、定期的に検診にお越しいただくことです。汚れがあればクリーニングをいたしますので、清潔な状態を保つことが出来ます。

Contact ご予約・お問合せ

ご予約・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ! TEL 03-3425-5579

ご予約

お問合せ

アクセス・診療時間 access / schedule

斉藤デンタルオフィス
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻1-14-9
TEL 03-3425-5579

 
09:30 - 12:30
14:30 - 18:30

土曜の午後は〜17:30までの診療となります。
休診日:日曜・木曜・祝祭日

Google Mapを見る